信販系カードローンの特徴とは

信販系とは、いわゆるクレジット会社になります。本来は月賦販売の会社で、売買代金を分割して支払うとした販売方法をしていましたが、それが発展してクレジット会社になりました。
具体的には信販会社はお金に関する何でも屋です。代表的な商品はクレジットカードですが、他にもフリーローンや目的別ローンを取り扱っているのが特徴です。例えば、借入れに関してはクレジットカードに借り入れ機能を付帯させることでキャッシングを利用することも可能ですし、借り入れ機能のみを独立させたカードローン おすすめもあります。さらにはカーローンなどの目的別の大口融資も提供しています。
信販系カードローンは一般的な消費者金融のキャッシングと大差はありません。各社の融資条件から平均を確認してみると満20歳以上で安定した収入がある方、年利3%~18%、最大融資額は300万円~500万円、総量規制の対象、即日融資が可能、担保や保証人は不要です。消費者金融とほぼ同じですが、中には消費者金融よりも金利が安い信販系カードローンもあるため低金利融資も期待できますが、その反面では審査が厳しめになるでしょう。
万が一の時に借入れできるようにしておきたい、滅多に利用しないので少額の契約で構わないという場合はクレジットカードに付帯するキャッシングで十分です。対して、普段から利用したい、ある程度まとまった金額で契約しておきたいという場合は信販系カードローンがおすすめです。